車の水跡をキレイにする方法

車をこまめに洗っていたつもりなのに、気づいたら水跡がついていたなんてことがよくあるかと思います。季節によっては雨が降らなくても、朝露や霜などが乾いて水跡が残ってしまうことがあるのです。
そんな時、慌てて拭いてキレイにしようとしてはいけません。そのまま拭いてキレイにすると、ボディに傷がついてしまう可能性があります。まずは水で汚れなどを洗い流しましょう。軽い水跡なら、それだけでもキレイに取れることもあります。酸性雨からのダメージだけではなく、水道水に含まれるカルキ成分や塩素が蓄積されて車に傷をつけたり劣化させてしまう原因になります。
水滴を落とす話ですが、少し頑固な水跡の場合、専用カーシャンプーなどのボディコーティングプロショップ洗剤を利用するといいでしょう。ただし、研磨剤入りのカーシャンプーの場合、細かい傷がつくことがあるので注意しましょう。それが心配な時は、食器洗い洗剤を使う方法もあります。洗剤と水を1:100の割合で薄め、柔らかい布やスポンジで水跡の部分を軽く撫でるように拭きます。そして再び水で洗い流します。
ポイントは、洗い流したら乾いた布でボディの水を拭き取っておくことです。水滴が残ったままにしておくと、再び水跡ができる原因となりますので、必ず拭き取るようにしましょう。そしてカーコーティングをオススメします。東京都と千葉県のボディコーティング専門店で洗車もお願いできます。

自己所有しなくなってからの車を運転する頻度…自家用車を持っていた時は、通勤に使うか使わないかで車を運転する頻度は変わってきます。通勤に使うのであれば、毎日車を運転していました。通勤に使わない場合は、ルーフカーフィルム断熱カーフィルム千葉県東京都仕事が休みの時ぐらいなので、週に2回でした。しかし、自己所有しなくなってからは、車を運転する頻度は、物凄く減りました。旅行もレンタカーを使わず、電車やタクシーで済ますケースも増えました。ここ数年、車を運転する頻度は、年に1、2回です。運転するのは、実家に帰った時ぐらいであり、しかも数キロ程度しか乗りません。人の車やバス等に乗ることはたくさんあるのですが、自分で運転することは、本当になくなりました。将来、自動運転技術が普通になったり、本格的なカーシェアリングの時代に突入したなら、車を運転する機会は、今より少しだけ増えるかもしれません。しかし、これから数年は、年に1,2回程度のまま推移すると思います。地方部と違って、都市部では、車に乗らなくてもそれほど不便を感じませんからね。