ラッピングフィルムの金額

車の見た目をよくしたい時には、しばしば本体に対する作業が行われる事もあります。コーティングなどは、検討される事も大変多いです。
例えば、ポリマーのコーティングなどは検討候補にはなり得るでしょう。車の光沢感を高めてくれるメリットがあるのは確かです。
しかしポリマーのコーティングというより、むしろラッピングフィルムの方が良いと思われる事もあります。なぜならフィルムは、早さにメリットがあるからです。
そもそもコーティングの場合は、万全な状態になるまでに時間がかかる事が多いです。なぜなら、コーティングの乾燥が必要になるからです。

コーティングは、たまにペンキ塗料にたとえられる事もあります。時には、何かに対してペンキが塗られる事もあるでしょう。
それで一旦ペンキを塗った後には、しばらくの間は待機する必要があります。少なくともペンキ塗りたての状態では、大いに問題があるでしょう。その状態で手で触れてしまえば、大変な事になってしまうからです。
コーティングの乾燥を念入りに行ってくれるガラスコーティング評判柏市のアイアイシーは評判が高い施工店です。

話を戻すと、ペンキというのは、やはり乾くまでには時間を要します。状況次第でもありますが、完全に乾燥するまでには、1日ほどかかってしまう事もあります。
ところでコーティングの場合は、更に待たされる事になるのです。一旦コーティング剤を使った後は、原則として雨に当てない方が良いのです。コーティングの見た目が悪くなってしまう事も多いからです。ちなみにコーティング剤ですと、2週間ほどは雨に当てない方が良いと言われています。しかし現実的には、そこまで長期間に渡って当てないのは困難でしょう。

ところで車の見た目を良くしたいと思うなら、ラッピングフィルムという選択肢もあるのです。それは実際に車に乗れるまでの時間にメリットがあるのは、間違いありません。

何せラッピングフィルムの場合は、せいぜい数日ほどで問題ないのです。車全体に対するラッピングを行う場合は、専門業者でも2、3日はかかる傾向があるのです。もちろん2、3日ならば、コーティングと比べれば速やかに車を使う事ができるでしょう。2週間も雨に当てないというのは、やはり現実的ではありません。速やかに施工が完了する点は、ラッピングフィルムの明確なメリットと言えます。

ただし2、3日という日数は、あくまでも車全体に対してラッピングを行った時です。実際には、一部分に対してラッピングを行う事も多いのです。とりあえずフロント部分だけにフィルムを設置したり、ボンネット部分だけなど様々な選択肢はあります。
それで一部だけにフィルムを設置した時には、そこまで多くの日数は必要無いのです。せいぜい数時間程度で完了してしまう傾向があります。短時間で完了する訳ですから、コーティングよりはメリットが大きいと評価される事もしばしばあるのです。実際、確かに早いに越した事は無いでしょう。

ちなみに業者にラッピングフィルムを貼り付けてもらう時には、もちろんお金も払う事にはなります。上記のような時間の長さに応じて、払う金額も変わってくると考えて良いでしょう。

例えば一部分だけに対して施工を行ってもらう時には、4万円前後だとします。それに対して車全体に対するラッピングフィルムでしたら、30万円台といった具合です。
そこまで大きな金額差が生じる理由は、やはり業者に対する労力の大きさです。数日間かけて施工を行うとなると、それなりに労力も大きくなるでしょう。逆に数時間程度なら、業者に対する負担もそれほど大きくはありません。ですから費用を抑えたい時などは、部分施行を検討してみるのも一法と言えます。

基本的にラッピングフィルムの料金は、面積に左右されると考えて良いでしょう。広い範囲に対して設置する場合は、それなりに料金も多くかかってきます。
そろそろ木々が紅葉してくるので、それを見にドライブにでも行ってこようかな。せっかく車をもっているのだし、外出頻度を上げても安心できるようにもしたのに運転しないともったいないですね。コーティングしていないと車にはねた泥などの汚れがとても気になります。

車を運転していると、知らないうちに車のボディに泥や水跡が付着している事がありますね。皆さんはどのように対処していますか?中には車の汚れは特に気にしないといった方もいるかもしれませんが、私はとても気になってしまいます。というのも、私の乗っている車は白の車の為、泥等の汚れは非常に目立ってしまうのです。だからガラスコーティングしました。専門店で親水性か撥水性かなど詳しく相談することが出来ました。